お知らせ

←一覧に戻る

コロナ前後で新規問い合わせが10.3倍に増加!自動車特化の360°写真撮影「カートル 」

プレスリリース | 2020年10月07日

株式会社インフィニットループ(本社:北海道札幌市、代表取締役:松井 健太郎 以下、インフィニットループ)が運営する自動車に特化した360°写真撮影サービス「カートル」において、新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言が発令された2020年4月を境に、月間平均問い合わせ件数が10.3倍に増加したことをお知らせいたします。

■ カートルとは
専用アプリ(Android端末対応)と360°カメラを利用し、誰でも簡単に車内外の360°写真撮影からアップロードまで行えるサービスです。本サービスの導入により、詳細に車の状態をチェックできることで店舗への来客を促進し、より確実な購買へつなげることが期待できます。

■ 問い合わせ件数・撮影台数推移
緊急事態宣言発令前の2020年3月以前(2019年10月-2020年3月)と2020年4月以降(2020年4月-2020年9月)を比較すると、「カートル」への 月間平均問い合わせ件数は10.3倍・月間平均撮影台数は17.9倍 と大幅に増加しております。

■ 問い合わせ件数・撮影台数増加背景
日本自動車販売協会連合会によると、 “2020年上半期(1~6月)の新車販売台数(軽自動車除く)を発表。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大による影響を受け、前年同期比19.3%減の139万9694台の大幅減で、2年ぶりのマイナス” という集計結果が発表されております。中古車販売においても来店数・販売数減少の同様の傾向は見られており、業界全体で自動車の販促活動に大きな課題感がある状況です。
(参考記事)https://response.jp/article/2020/07/02/336164.html

店舗への来店数が増やすことが難しい状況の中で、「 WEB上での集客に注力する 」ためにカートルへお問い合わせいただく機会が多くなっております。業種についても中古車販売・輸出・オークション業者様だけでなく、メディアやシステム会社様など幅広いお客様からご連絡いただくようになりました。

また、カートル導入企業様の月間平均撮影台数も17.9倍と大きく伸長しました。カートル利用実績からも、新型コロナウイルス前後で更なる WEB集客の強化、並びに他店との差別化に注力 する動きが読み取れる結果となっております。

360°写真を販促に活用した成果としても、 PV数が1.4倍、在庫期間が20%・商談までの期間が17%短縮した事例 も出ております。今後も引き続き自動車関連事業者様の販促活動に貢献できるようにサービス運営を続けてまいりますので、少しでもご興味をお持ちいただけた方はぜひお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

■ 会社概要
会社名 : 株式会社インフィニットループ
所在地 : 北海道札幌市中央区北1条東4丁目1番地1 サッポロファクトリー1条館 3階
代表  : 代表取締役 松井 健太郎
会社設立: 2007年6月
資本金 : 1,000万円
事業内容: VR/AR/MR開発、ゲーム開発、モバイル向け アプリケーション開発、
      Webアプリケーション開発、IoTシステム開発、
      Linuxサーバ構築・サーバ保守、パフォーマンスチューニング
URL   : https://www.infiniteloop.co.jp/
     :『カートル』HP https://cartoru.net/